元料理人の料理暮らし

元料理人です。食べるのも作るのも好きです!色々な料理を作ったり美味しいお店で食事したりなど料理、食事の日々を気ままにアップしていきます

料理

トマトソースの定番!基本のアマトリチャーナ!

投稿日:


①アマトリチャーナとは?

 アマトリチャーナの発祥についてはイタリア中部の「アマトリーチェ」という町が発祥と言われています。本場ではグァンチャーレという豚のほほ肉を塩漬けにしたものと炒めた玉ねぎをトマトソースで和えたパスタで、仕上げにペコリーノチーズをすりおろして提供されます。
 また、グァンチャーレ以外にもパンチェッタやベーコンを使って作られる場合も多くあります。 
 ただ、このような形のパスタになったのは19世紀ころからと言われており、そもそもトマトソース自体が発明されたのが18世紀後半なのでそれ以前のアマトリチャーナはトマトソースを使っていない「グリーチャ」という名称のパスタだったそうです。


②基本のアマトリチャーナの材料

・パスタ            1人前(100g)
・ニンニク           1かけ(つぶし)
・ベーコン           30g
・玉ねぎ5mm幅スライス                  4/1個
・トマトソース         レードル一杯分(トマトソースはこちら
・オリーブオイル        適量
・パスタ湯(塩分濃度1%)              適量
・パルミジャーノレジャーノ   適量


③基本のアマトリチャーナ作り方

1.フライパンにオリーブオイルとニンニクをいれて火にかけ、弱火でじっくりときつね色になるまで香りを移していきます。

2.ベーコンを加え、弱火のままこんがりベーコンを炒め旨みを引き出します。

3.玉ねぎを加えこちらも弱火でじっくりと甘みを引き出します。

4.トマトソースをレードル一杯分加えます。そのまま軽くコトコト煮詰めます。

5.パスタを茹でます。茹で時間より1分ほど早くアルデンテに茹でます。

6.パスタが茹で上がったらザルでよく切り、ソースに加えます。パスタ湯を加えて火にかけてパスタにソースを吸わせるように少し煮詰めます。

7.皿に盛り付け仕上げにパルミジャーノレジャーノをかけて完成です。



いかがだったでしょうか?アマトリチャーナはローマ3大パスタと言われているくらいイタリアでは馴染みのあるパスタであり、バリエーションも色々とあります。具材にナスやキノコを加えてもおいしいですし、唐辛子を加えて刺激のある辛みを加えるのもまたおススメです。
 本場ではグァンチャーレを使いますが、今回はご家庭でも馴染みのあるベーコンを使ったレシピとなっていますので良かったらぜひ一度作ってみてください^^

-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チキンのカチャトーラ

チキンのカチャトーラ風~作り方~

こんばんわ~(=゚ω゚)ノ 今日も一日疲れましたね~、相変わらずの猛暑でしたが今日も太陽に何とかヤられずに耐え抜きました(笑) さて、今夜もお腹空いたので、、、 夏野菜たっぷりのチキンのカチャトーラ風 …

ペペロンチーノ

[失敗しない]ペペロンチーノを作るための6つのコツ!

  ペペロンチーノって何ですか?というところからですが、簡単に説明しますとペペロンチーノとは正式には”アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ”と言います。アーリオ(にんにく)・オーリオ(オイル)・ペペロン …

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノとは?

①アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノとは?  名前の語源としてはイタリア語でアーリオはニンニク、オーリオはオリーブオイル、ペペロンチーノで唐辛子を意味します。 またイタリアでは別名「絶望のパスタ」とも …

no image

基本のトマトソースの作り方

  パスタを作るうえで欠かせないソースの一つ、トマトソース。メニューとしても幅広く使えて応用性も高く、パスタのみならず料理を作るうえでぜひ覚えておきたいソースですね。今回はトマトソースの基本の作り方を …

ボンゴレ・ロッソ

イタリア料理の定番!基本のボンゴレ・ロッソ!

①ボンゴレロッソとは  「ボンゴレ」とはそもそもイタリア語で「二枚貝」の意味を指します。よくお店などで似たようなメニューでボンゴレ・ビアンコいうメニューを見たことがあると思いますがどちらも二枚貝、すな …