元料理人の料理暮らし

元料理人です。食べるのも作るのも好きです!色々な料理を作ったり美味しいお店で食事したりなど料理、食事の日々を気ままにアップしていきます

料理

チキンのカチャトーラ風~作り方~

投稿日:

こんばんわ~(=゚ω゚)ノ 今日も一日疲れましたね~、相変わらずの猛暑でしたが今日も太陽に何とかヤられずに耐え抜きました(笑)

さて、今夜もお腹空いたので、、、

夏野菜たっぷりのチキンのカチャトーラ風

を作りましたー!カチャトーラ、イタリアで漁師風煮込みという意味らしいですけど要するにトマト煮ですね。昔レストランで働いていた時にシェフに「カチャトーラって何すか?」て聞いたら「トマト煮」てだけ返事が来たんでトマト煮であってるはずです(笑)

昼間がほんとに暑くてバテバテで、、、仕事柄お昼を食べる時間もない為せめて夜にガッツリと!野菜もたっぷりで尚且つサッパリと!と考えたら晩御飯のメニューがこれになりました(笑)ではでは作り方もざっくりと載せていきます!

ニンニク

まずニンニクを潰して多めのオリーブオイルでじっくり火を通していきます。ガーリックオイルを作るイメージですかね。量はお好みですが私はがっつりニンニクを使ったほうが好きなので3個ほど潰して入れました

ニンニクがこんがりきつね色になったら野菜を入れていきます。今回はイオンで夏野菜やきのこが激安だったのでそれらをまとめていれました!

野菜炒め

イオンの火曜市ってほんといいですよね~(笑)普段高い野菜が激安ですから!ほんと最高!

お野菜たちに軽く塩を振ったら弱火にして蓋をします。ココが少しコツなんですけど、塩を振ったことによってお野菜からびっくりするくらい水分が出てくるので蓋をして野菜の水分でじっくりと煮るんです。

野菜炒め

               ↑こんな感じ↑

になるまで弱火でじっくりと煮ていくと野菜の旨みがギュッと詰まるので一気に美味しくなります!

野菜の煮込み

水分がしっかりと飛んだらバターと白ワインを軽く浸るくらい加えてまた煮詰めていきます。バターはざっくり5gくらいですかね?戸棚あけたらたまたま白ワインが残ってたんで今回は使いましたが、無い場合は水でも全然美味しくできますよ~^^

ちなみにコンソメキューブとか無くてもこれらの工程を加えるだけでびっくりするくらい旨みが出るので、むしろ入れないほうが自然な旨みと甘みが出て美味しいです!

水分が煮詰まったら最後にトマト缶を4分の1ほど加えます。塩、コショウを加え追い野菜(食感と色味を残すため後入れにしました)を加え後は少し煮詰めて味見をしたらソースの完成です!

チキンステーキ

ソースが出来たらいよいよメインを焼いていきます!鳥もも肉を塩、コショウして多めのオリーブオイルで皮目バリッバリ焼いていきます。うまそ~(*´Д`) カロリーが気になるかもしれませんがオリーブオイルを使えば何でもゼロカロリーですのでゼロカロリーです。きっと。

肉が焼けたら後はソースと一緒にお皿に盛り付けて完成です!本来は”煮込み‘‘ですのでこの後ソースと一緒に軽く煮込むのですが今回は皮目のパリパリ間を残したかったのでそのまま盛り付けました!

チキンのカチャトーラ

うま~っ(*´ω`)かったです!チキンはガッツリ美味しくて夏野菜とトマト煮が旨みたっぷりででもトマトの酸味がサッパリとしているので暑くて疲れててもガッツリ食べれます!チキンにレモンを絞っても美味しかったかも!お野菜たくさんで栄養も取れる、、、と思います(笑)

それでは、今日もご馳走様でした!お疲れさまです(=゚ω゚)ノ

-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

姿盛り

お刺身食べてきました^^

お疲れ様ですー(=゚ω゚)ノ今日は友人たちと飲みに行く約束があったのでそちらの写真を、、、 姿盛 お刺身久しぶりに食べました!やっぱおいしいですね~^^大好きなんですよお刺身。てか食べ物は基本的に全般 …

アマトリチャーナ

トマトソースの定番!基本のアマトリチャーナ!

①アマトリチャーナとは?  アマトリチャーナの発祥についてはイタリア中部の「アマトリーチェ」という町が発祥と言われています。本場ではグァンチャーレという豚のほほ肉を塩漬けにしたものと炒めた玉ねぎをトマ …

サーモン

秋サーモンとキノコのファルシのクリーム煮風

こんばんわ~(=゚ω゚)ノ最近自分が死ぬ夢を何回も見ます。何故か、、、調べてみたら悪い意味では無いらしいのですが、、、夢の中でちゃんと臨死体験してから目が覚めるから毎回寝起き不思議な感じです、生きてる …

ペスカトーレ

魚介の旨みたっぷり!基本のペスカトーレ!

①ペスカトーレとは  ペスカトーレの語源はイタリア語で「漁師」の意味で、もともとは漁師たちが売れ残った魚介類をまとめてトマトソースで煮込んで食べていたもので、やがてそれらがパスタのソースとしても使われ …

冷製カルボナーラ

冷製カルボナーラ

料理投稿のお初の記事です!よろしくお願いします( `ー´)ノ いやぁ~、それにしても今日も非常に猛暑でしたね~(汗)外を出歩くのもしんどいですけど、移動のために車に乗り込んだ瞬間が何より一番暑くて焼け …