元料理人の料理暮らし

元料理人です。食べるのも作るのも好きです!色々な料理を作ったり美味しいお店で食事したりなど料理、食事の日々を気ままにアップしていきます

料理

魚介の旨みたっぷり!基本のペスカトーレ!

投稿日:

①ペスカトーレとは

 ペスカトーレの語源はイタリア語で「漁師」の意味で、もともとは漁師たちが売れ残った魚介類をまとめてトマトソースで煮込んで食べていたもので、やがてそれらがパスタのソースとしても使われるようになったのが始まりとされています。
 基本的な作り方はアサリ、イカ、エビ、ムール貝、ホタテ、などの魚介を使い、ニンニクで炒めて白ワインで煮詰めた後にトマトソースで煮込みます。魚介から出た様々な旨みがトマトソースに溶け込んだシンプルながらも旨みの上質な旨みの詰まったパスタです。

②基本のペスカトーレの材料

・パスタ           1人前(100g)
・ニンニク          一かけ
・オリーブオイル       適量
・アサリ           5粒
・むきえび          1尾
・イカ            輪切りで半身ほど
・白ワイン          50cc
・唐辛子           半本
・トマトソース        レードル1杯分(トマトソースはこちら
・塩・コショウ        適量
・パスタ湯(塩分濃度1%)          適量

③基本のペスカトーレの作り方

 1.フライパンにニンニクを潰していれ、オリーブオイルを加えて火にかけて弱火でじっくりと香りを移していく。

 2.きつね色になり香りが移ったらイカとむきえびを加えて中火にして炒めていく(イカとむきえびは塩、コショウをしておく)

 3.火が通ったらアサリを加えて白ワインを加えて蓋をする。アサリが開いたら蓋を開けて白ワインを煮詰める。

 4.具材をいったん取り出してトマトソースと唐辛子を加えて弱火でコトコト煮詰める。

 5.パスタを茹でます。1分ほど早くアルデンテに茹で上げます。

 6.パスタが茹で上がったらザルで水気をよく切り、ソースに加えます。パスタ湯を加えて火にかけ、取り出した具材も加えてパスタにソースを吸わせるイメージで煮詰めます。

 7.味見をし、味が整っていたらお皿に盛り付けて完成です。

いかがだったでしょうか?トマトソースと言えば定番の魚介をふんだんに使ったペスカトーレ。ちなみに具材をいったん取り出したのは、火が入りすぎると身が固くなるのを防ぐためです。またペスカトーレに使う魚介は何でもよいので、お好みの食材を使って自分好みのパスタを作り上げてみるのも良いですね!
皆さんもぜひご家庭で作ってみてください!

-料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冷製カルボナーラ

冷製カルボナーラ

料理投稿のお初の記事です!よろしくお願いします( `ー´)ノ いやぁ~、それにしても今日も非常に猛暑でしたね~(汗)外を出歩くのもしんどいですけど、移動のために車に乗り込んだ瞬間が何より一番暑くて焼け …

姿盛り

お刺身食べてきました^^

お疲れ様ですー(=゚ω゚)ノ今日は友人たちと飲みに行く約束があったのでそちらの写真を、、、 姿盛 お刺身久しぶりに食べました!やっぱおいしいですね~^^大好きなんですよお刺身。てか食べ物は基本的に全般 …

ボンゴレビアンコ

基本のおいしいパスタの作り方の手順~ボンゴレビアンコ~

こんばんわ~(=゚ω゚)ノ今日はおいしいパスタの作り方を教えていきますね~^^ そもそもパスタというのは実はとてもシンプルで簡単な料理なんです!シンプルなゆえに奥が深いというのもあるんですけど、基本的 …

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノとは?

①アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノとは?  名前の語源としてはイタリア語でアーリオはニンニク、オーリオはオリーブオイル、ペペロンチーノで唐辛子を意味します。 またイタリアでは別名「絶望のパスタ」とも …

プッタネスカ

イタリアの定番パスタ!プッタネスカの作り方!

①プッタネスカの歴史  名称の意味としては「娼婦風パスタ」という意味のパスタ。名前の由来としては諸説ありますが、一般的に広まっている由来としては「娼婦が忙しいお昼時に自分たちの昼食として魚介類や野菜類 …